気まぐれphoto日記


ちっともうまくない写真でも、続けていけば何かの記録になるのかな・・・
by しろやぎとみぽりん
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

901回目の投稿が。。

ほぼ4カ月後になってしまいました(汗

ご無沙汰していますm(__)m


何とか生きています。。って(笑)、体はいたって元気です。

なかなかPCを開けない生活スタイルになってしまったことが日記が滞る原因のひとつではありますが、日記が滞っているうちに母が入院してしまいました。

入院中の母は、完全介護の病棟なので私が何かする事がある訳ではありませんが、家族の一人がそういうことになると、なかなか生活が落ち着きませんね。

入院してかれこれ一か月が過ぎ、やっと自分の事に時間が費やせることになり、今日PCを開けたという訳です。


母の入院している科は整形外科。
この科は母が2,3度手術のために入院した事があり、その度に母は入院中は家事をやらなくていい静養期間のように過ごし、毎度パワーアップして戻って来た記憶があります。

だから今回も、今までと同様に手術後2週間程度で普通に戻ってくるものと楽観視しておりました。

ところが。

年をとるとはこういうことなんだなぁと。


今回、母はちょっとしたアクシデントで尾てい骨に近い背骨を骨折し、その手術をしたのですが、当初手術後1週間から10日で退院というスケジュールでした。

しかし実際は傷口の治りが悪く、菌に感染している可能性があると1度目の手術後ほぼ2週間後に、2度目の手術を行いました。

1度目の手術後のスケジュールは、術後の寝たきりの時間をなるべく抑え、リハビリを早く行う事で、早く術前の歩行の感覚を取り戻す事が狙いだったようなのですが、85歳のお年寄りにはこのスケジュールに体がついていかず、逆に傷の治りが悪くなり、2度の手術で結果的に1カ月寝たきりの状態が続く事になりました。

こうなると足の筋肉の衰えは深刻です。
筋肉を付けるためには歩行のためのリハビリを愚直に懸命に行うしかありません。
リハビリの先生も、筋肉を付けるにはリハビリしかないし、それはこれからしばらくの間とても大変なことだけれど、歩けるようになるにはリハビリしかないと。

でも1カ月寝たきりだと、リハビリするより寝ていた方が楽だな。。と思う事もあるようで。。あまりリハビリに身が入っていないような様子が気になります。


今の病院は手術をするための病院で、今後はいずれリハビリのために転院することも決まっています。

まだまだ先は長いと言う事です。。。


こんな調子なので、次回はいつ日記が更新できるかわかりませんが、近況報告のような形でしばらく更新が続きそうです。



[PR]
by pure_white_yuki27 | 2016-10-16 21:37 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://purewhite9.exblog.jp/tb/26430326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うさうさ at 2016-10-21 10:16 x
お久しぶりです。
なかなか更新されなかったのはそういう事情だったのですね。
身内が闘病するなどしていると、家族も気が休まるときがあまりないとは思いますが、どうかご自愛くださいね。
また覗きにきます(^^)
Commented by pure_white_yuki27 at 2016-10-26 22:08
うさうささん

こんばんは。ご無沙汰しています。
こんな放置状態の日記に来て下さってありがとうございます。
母は、なんとか頑張ってリハビリを続けています。
どこまで回復するのか…ただ、完全に元通りになるのは、
難しいでしょうね。
親が年を取るという事は、こういう事なんだなぁと、
改めて思います。
Commented by みるてぃ at 2016-10-27 18:21 x
更新がなかったので、どうされたのかなと心配していました。
お母様も、しろやぎさんも、大変でしたね。
リハビリや通院、しばらくは忙しい毎日となられることとおもいますが、
くれぐれも無理のないようにされてくださいね。
Commented by pure_white_yuki27 at 2016-10-28 21:52
みるてぃさん

こんばんは。ご無沙汰しています。
家族の入院って、生活がなかなか落ち着かなくて、
精神的にもつらいものがあります。
ただ、親も年老いて、今まで通りには行かなくなって来るのは
ある意味仕方ない事かな、とも思います。
まぁ、頑張り過ぎない程度に頑張ってますよ。