気まぐれphoto日記


ちっともうまくない写真でも、続けていけば何かの記録になるのかな・・・
by しろやぎとみぽりん
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:イベント( 36 )

猿投山

先週の話になりますが、
思いがけなく山登りをしてきました。


「思いがけなく」。。


当日、結構寒かったのです。

だから、前から山登りの話は出ていたのですが、
もうないかな。。と、勝手に思っていました。


でも決行するって。。 あ。。そう。。


自分自身がそんな心構えだし、実際猿投山って?
予備知識もないまま、寒くない程度の服、足元は普通のスニーカーで行くと。。


駐車場に着くと周りはみんな本格的な登山スタイル。

え。。。 うっそぉ。。(-_-;)



そんな訳で「思いがけない」登山となりました。


やっぱり「登山」そのもので(笑)、普段「運動」という文字が見当たらない生活者には文字通り「大変」でした。




f0233876_17104059.jpg





f0233876_17105221.jpg





f0233876_17110527.jpg





歩きながら「絵」になるところを探したのだけれど、なんかないの。


で、この写真3枚。


ぱっと見、全然なんの変哲もない写真でしょう?


でも。。。


この写真はある登山コースを歩いた者でしか出会えない景色。。だと思う。
※ちょっと横道に逸れちゃったみたいなのね。


この写真を見て、‘よく歩いたなぁ。。’って
一人で感慨にふける訳。。

まぁ。。これ、下りのコースなので、歩かないと駐車場に着かない、帰れない。
だから必死でした。


こんな、心構えもなく、道も変則な登山だったので
翌日2日間は体がガタガタでした。



でも、やっぱり時々は体を動かす事も必要ね。。


そう思った一日でした。



[PR]
by pure_white_yuki27 | 2016-03-27 17:32 | イベント | Trackback | Comments(2)

夢のつり橋③

つり橋をやっと渡り終えた後は、急な登り階段が控えていました。
それも、「これって。。いつまで続くの。。?」って思えるほど長く。

ここはね、会社のビルで、出勤時はなるべく事務所がある9Fまで階段で上がるようにしようと、それを実践していたおかげでなんとか登りきれたという感じ。





f0233876_13135749.jpg
登り階段を上がりきったところ。。かな
そこから下を見ると、こんな感じ。





f0233876_13163353.jpg







f0233876_13173005.jpg




川の流れる音に誘われて。。


f0233876_13184499.jpg






その後尾崎坂展望台で上からの景色を眺めた後、飛龍橋を渡りました。
つり橋の後の急な登り階段を思うと、この飛龍橋は結構高い所にかかっている橋です。
事前にいただいたマップによると、つり橋を渡る自信がない人は、飛龍橋からの眺めをお楽しみください。。となっています。

川の水が流れる音がとても心地よくて、何気にふと橋の下を覗くと、その高さに目がくらみます(笑




f0233876_13194776.jpg






f0233876_13200888.jpg






高所恐怖症の人にとっては、きっとつり橋を渡るのとはまた別の恐怖が、ここにあります。
私、そんなに高所恐怖症ではないのに、けっこう怖かったもん。。


後はゆっくり山道を下りながら、遠くの山々を眺めつつ下の駐車場へと向かいました。




f0233876_13211773.jpg






f0233876_13215650.jpg





f0233876_13225040.jpg





帰り道。。大間ダムの見納めです。

f0233876_13253393.jpg






もう、紅葉を眺めに行くような予定はないので、なんだか紅い葉の木を見ると思わずカメラを向けていました。
今年の見納めかなぁって。


もう少し、つり橋以外で寸又峡のハイキングコースを歩いて自然を感じたいと思っていたのに、結局橋を渡っただけで終わってしまった。


観光地としては、あのつり橋しか目ぼしいものがない感じで、あれだけでどれくらい観光客が呼べるんだろう。。って思ったりするのですが。
(それでも思ったより人が多かったかな)
私としては、このままあまり有名になってほしくないなぁ。。なんて。
橋を渡るだけで2時間待ちとか。。考えたくないもん。。
遊園地のアトラクションじゃあるまいし。

連続して行くつもりはないけれど、また思い出したように何年か後に行ってみたいかも。。その時に激混みになってたらやだなって。。

そんな勝手な事を思ったりしました。



そして、この日帰りバスツアー。
帰宅したのは午後10時20分くらい。
朝6時30分から出かけて、長い一日でした。

でも、素敵な非日常に出会えて大満足な一日でした。


[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-12-02 20:41 | イベント | Trackback | Comments(0)

夢のつり橋②

なぜか、私はつり橋が好き(笑)。。つり橋って聞くと渡りたくなる人なの。



f0233876_09522091.jpg






きっかけは奈良県十津川村にかかる谷瀬のつり橋。。ここを15年ほど前でしょうか。。実は、ロッキーも一緒にこの橋を渡っているんです。

犬って本来はとても慎重で臆病で、普通の橋ですら渡れない子もいると聞くのに、ロッキーはつり橋も平気ですたすた歩いて行っちゃうんです。

自己防衛本能がマヒしているというか、私がいればなんとかしてくれる。。そういう依存心からか。。当の飼い主はおっかなびっくりでしずしず歩く前を、軽く足を踏み外しそうになっている時は。。

「ロッキー!待ちなさい!!」

発狂してました^^ゞ。。だって。。ロッキー。。足が。。板からはみ出してるって。。

もう、見ている方が恐ろしい。


懐かしいなぁ。。本当に、懐かしい思い出です。

出来る事なら、十津川村のつり橋はもう一度渡ってみたいんですけどねぇ。。
実現するかしら。。






f0233876_09492230.jpg
  ロッキー。。 かぁちゃんといっしょにつり橋、渡ったね。






あの時は渡っている時は写真を撮るなんて思いもしなかったので、今回カメラで橋から見える景色を撮れた事は進歩かな。。^^ゞ





f0233876_11245766.jpg






f0233876_11251533.jpg








それでも、自分って思いのほか怖がりで、後ろの子供たち(小学生&幼稚園くらい?)が橋の上を飛び跳ねるので(ひどくない?)、

「ぁ。。もぉ。。やめてぇ。。!」

思わず後ろを振り向き叫んでました。
子供が怖がっていたかも。。その殺気に^^;

途中泣きそうだったけれど、それは橋のど真ん中。
後ろが詰まって迷惑をかけてはいけない。。
その一心で、心にむちを打って頑張りましたょ。。



橋からの眺め。。

f0233876_11253474.jpg






f0233876_11255822.jpg







本当は、その橋の真ん中で願い事をするとその願いが叶うって、そういう言い伝えもあると言う話を聞いていたのですが。

実際渡り始めてしまうと、もうそんなお願い事をする余裕などどこかへすっ飛んで行ってしまい、ふと「そういえば。。願い事って。。」と思いだすも「あ。。あのことをお願いするんだっけ。。?」って。。
こんな具合で願いが叶う訳ないよなぁ。。





f0233876_11262192.jpg





それでも一番の目的、つり橋を渡る事は出来てよかったと思っています。



[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-11-30 18:50 | イベント | Trackback | Comments(2)

夢のつり橋①

11月の後半の連休初日に、
『死ぬまでに渡りたい世界のつり橋10選』に選ばれたという、
そのひとつの橋を渡ってきました。

山の中にあるので、紅葉もそれなりに見られるかなぁ。。。
と期待しつつ。

車はないし、山奥の険しい道なんて。。ツアーで連れて行ってもらうに限ります。
道中ずっと寝ていられますし(笑

こういうツアーって、いつもはお休みをもらって平日に行っていましたが、今回は連休初日に行ってみました。

向かうのは寸又峡(すまたきょう)と言うところですが、道中はそれほど渋滞しなくても山道を登るにつれて、車一台分しか通れない道幅の道が続くようになり、片側通行のために30分以上止められたり。やっぱり観光シーズンはどこに行くのも時間がかかります。

やっと駐車場に入り一番の目的であるつり橋を目指しますが、事前に観光客が多くて橋を渡るのに「多少」橋の手前で待たされます、との情報あり。

寸又峡での滞在時間は3時間。
とにかく橋だけは渡らなくっちゃ。。
急いで。。途中のお土産屋さんには目もくれず、まずは橋を目指します。



f0233876_09495928.jpg





f0233876_09501924.jpg






f0233876_11052836.jpg



時々、こんな風にきれいに紅に染まる木に出会えます。


橋に近付くにつれて、人が逆方向に戻ってきます。

ここ(寸又峡)へたどり着くまでに渋滞を経験している気の短いおじ様たちは「また、ここでも待たされるなんて、やっとれん。。相当待たされるよ」との事。

そんな。。本当にそんなにすごいの?
自分で見なくちゃ気が済まない私は、とりあえず列の最後に並ぶ事にしました。

でも少しずつ前に進んでる。
30分も並べば渡れるんじゃないかなぁ。。

何と言っても私の今日のメインイベントがつり橋なんです。
そう簡単に諦めるわけにはいきません。

逆にそうやって簡単に諦めてくれる人がいて助かる。。渡る人が減るので^^ゞ
そういう考えでとにかく並ぶ事にしました。

橋は大間ダムというところにかけられています。

山全体がそ~んなに紅葉が美しい。。という状態ではなかったのですが、エメラルドグリーンの湖面が美しくて、少しずつ列が進むたびに違う角度から写真を撮ったりして、全然退屈じゃなかった。






f0233876_11054719.jpg








f0233876_09504674.jpg







f0233876_09511945.jpg






山奥に行くという事で、ダウンジャケットを持っていかなくっちゃ。。と思っていたのに、どこにしまったのか。。見つからない。
仕方なくストールだけ持っていくことにしたのですが、当日は割と暖かくダウンがいるほどじゃなくてよかった。




f0233876_09514824.jpg



湖面が鏡のようになっている様がなんとも素敵な感じです。




[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-11-29 11:16 | イベント | Trackback | Comments(0)

初ミュージカル

先日、急に前に所属していた部署から
「当日行けなくなってしまった人がいて、余ってしまっているミュージカルのチケットがあるんだけれど、行けないかしら?」
。。というお誘いを受けました。

職員さんの組合があって、定期的にいろいろ催しがあるんですが、今回はミュージカル鑑賞だったようでそこで購入されたチケットでした。
払い戻しは出来ないから行かないともったいないんですよね。

なかなかミュージカルなんて行く機会がないので、行かせてもらう事にしました。

今回は「オペラ座の怪人」。

何度もミュージカルを見に行っている人が「今回のはストーリーがわかりにくい」とおっしゃっているくらいなので、ミュージカル初心者の私にはちょっと難易度が高かったのかな。。

特に「ミュージカル」と意識せずに普通のお芝居。。として鑑賞してきました。

感想?

歌が多くて(実際他のミュージカルより歌の部分が多かったみたい)、でもその歌を歌う俳優さんの声量が半端なく、歌そのものは声楽家の方の様で素晴らしかったです。

舞台の表情が瞬時に様変わりする様子も、見ていて楽しかった。舞台装置の技術レベルもいろいろあるのでしょうけれど。。そういう意味ではもっと他の舞台を見てみると面白いのかしら。

でも。。舞台全体は照明が暗いので。。実は目を覚ましているのに必死(汗)でした~^^;


お芝居の事からは離れますが、前の部署からお誘いいただけたという事で懐かしい顔もたくさん。それぞれ近況を言い合ったりして、そういう意味でも呼んでいただけ手よかったなぁって。



ところで。
2度目のミュージカル鑑賞があるか。。?

自分でチケット購入していくかしら。。

まぁ。。その時の気分かな。。^^ゞ




f0233876_15271782.jpg




[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-11-28 15:27 | イベント | Trackback | Comments(0)

Happy Wedding

10月4日は姪の結婚式でした。

結婚式場の教会で式を挙げ、披露宴まで出席させていただきました。

喜びの式は久しぶりで。。
まず招待状のお返事からご祝儀袋の書き方まで。

「どうするんだっけ。。?」。。もう、全然分からなくって。

でも、今は便利ですね、ネットで調べればすぐにわかりますから。



f0233876_11383315.jpg





教会式って初めてみるんですけど、牧師さんのお話を、こんな風にずっと向かい合って手をつないで聞くんですね。

なんだかちょっと、新鮮な感じ。。


甥(姪の兄)が式の間ずっと泣いていて。。
めちゃめちゃ感動したんですって。

自分の時はどうするんでしょうねぇ。。


披露宴は、姪が学生のころからオーケストラ部に所属し今も市民オーケストラで活動している関係で、みなさんで演奏していただく場面もあり、賑やかな宴となりました。




f0233876_11405120.jpg



ところで。
じーじ(我が父)には大役が任されていまして。。(笑

花嫁のお色直しの退場のエスコートをするということで、その時の写真です。


この写真の後、転ぶこともなく無事大役を果たしてまいりました。



我が家としては、式当日県外から式場に向かうという事で朝から家を出て、帰りは夜10時すぎ。。長い一日になりましたが。

このHappy Weddingから、幸せのおすそわけ。。

少しはさせてもらえるといいな。。



[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-10-04 23:00 | イベント | Trackback | Comments(2)

わが街のプレミアム券に思う事。

※記述は2015年8月17日。

多分。。内容は「つぶやき」とか「雑記」なんでしょうけれど、なぜかカテゴリを「イベント」にしてしまった。
まさしく、これはイベントだと思うので。。


発売されたのは8月1日。
普段全く。。と言っていいほど市の広報誌とか見ていないし、親もよくわかっていないらしく我が家では全く話題に昇らなかった。
そんな私がこの、プレミアム券の恩恵にあやかれたのも会社の、今の配属での先輩に教えてもらえたから。

今の職場の職員さんたちって、すごくフランクでいろんなお得情報が大好きな人が多くて「ねぇねぇ。。このニュース見たぁ?」って感じで話題が広がるの。

1枚\1,000の商品券が12枚つづりで1冊\10,000で市が販売するという。

市。。っつー事は税金ねぇ。。1冊あたりに得する\2,000分。


そう考えたら、自分が払った税金は取り戻さなくっちゃ!


そんな発想の元、頑張ってまいりました。

実際、私が購入しようとしていた地域は(要は地元ですが)他と比べて条件が悪くて大変だった。。というのは、翌週会社でいろいろ話を聞いて分かった事。

なにしろはじめてやる事って、現場で対応がまちまちでそこの担当の裁量に任される事が多い。

書き記せばいろいろむかつく事ばかりなのだけれど。。何はともあれ購入出来たので良しとします。。朝、7時30分に家を出た事が無駄にならなくて良かった。
※発売はどの会場も一斉に朝10時から


なんとかgetした後で。。冷静になって改めて考えてみる。
※今更。。(-_-;)


そもそも。。この財源っていったい何なんだろう?


わが街の場合、平成26年度補正予算に計上されていました。
このプロジェクトとしての予算が1,587億円(内国費1,280億円)
でも但し書きに「※( )は歳出補正額のうち翌年度への繰越明許費」という文字があって、1,587億円は全額カッコがされていたので実質27年度予算。。という事なのかなぁ。。と、素人考え。


全額ではないにしろ8割ほどの国庫からの支出。
。。ということは。。

赤字国債の発行によって、財源の確保。。となるのかな。


今日本の予算を組む時、赤字国債の発行ってもう当たり前のようになってしまっている気がするけれど、結局は将来のお金を先に使いつくしている。。ということでしょう?
そういうお金の問題を子供たちの世代に先送りにしていないか?
そもそも、私たち世代はそれだけリスクを負った税金を投入されてのプロジェクトだという事をどれだけわかっている?


地域再生とか、経済の活性化とか、確かに大切で大変な事業ではあるんだけれど、今の日本の台所事情は本当に大丈夫なんだろうか。。



もうね、このちっちゃなねずみほどの脳みそで考えても理解不能な事ばかりなんだけれども。。


だからこそ、頭で理解はできなくてもなんとなく肌で感じる漠然とした不安感。。みたいなものにはとても敏感なのかも。


ある意味。。動物的な感覚。。。




f0233876_13332909.jpg



随分前の、ユリの花。


今年の夏は、お花を買ってもすぐに傷んでしまう事が多くて。。今は自粛しています。

早くお花が買えるくらい涼しくなってほしいな。



[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-08-01 22:30 | イベント | Trackback | Comments(0)

迎え火

7月19日は、ロッキーが眠るお寺で迎え火の法要が営まれました。

なのでロッキーをお迎えに、行ってきました。


昨年はすごい日差しだったと記憶しています。

そして手足に吸いつくように止まる蚊対策も必須かと。



今年は。。台風が通り過ぎた後だからか、日差しはそれほどでもないものの湿気がすごかったでしょうか。


昨年は事情が分からず、法要時間の直前くらいに行ったらすごい人、人、人。。でお墓にお参りする事も気が回らなかったので、今年はその反省点を踏まえて少し早めに。。と思ったら少し早すぎ^^;

でもゆっくりお参り出来た事はそれはそれでよかったのかな。




 ロッキー。。お帰り。



 来週の送り火の法要の日までゆっくりしていってね。







f0233876_01145239.jpg

2012年7月21日
 ※朝方の撮影で、なんだか寝ぼけた表情(笑



今日から夏本番っていう感じで私の部屋も暑くなりそう。


ロッキーは過ごしやすいところを探して
(お寺の木陰は涼しかったりするでしょう?)
涼しい所に移動しているんだよ。




[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-07-21 01:21 | イベント | Trackback | Comments(2)

ウィメンズマラソン

昨日は姉のフルマラソン 初挑戦でした。

「応援に行くよ」。。と言っていたものの、ある地点が2度通る場所なので、そこで2回応援できればいいかなぁ。。くらいにしか思っていなかった私。
※そこは5km地点と15km地点。。くらいだったと思う。

今回一緒に応援しようと誘ってくれた叔母はとっても元気で、同じところだと時間が潰しにくいので、もう少し先に移動しよう。

と言う事になり、お茶をし、昼食後に25km地点に移動。
同じ場所に居ると折り返しから帰ってくると35km地点になる為、そこで待機して合計3回、一日がかりで応援してきました。


一応各地点の通過予定時間は教えてもらっていたものの、集団で固まって走って来た場合はなかなか姉を探しにくい。
姉の姿を目で追って探すのもけっこう大変で疲れました。


姉は私より背が高い(ほぼ160cm)のだけれど、痩せているせいか他の参加者の方たちと比べると本当に華奢で小さい。

そんな小さな体で頑張るかぁ。。と、感心していましたが、特に体の不調をきたすことなく無事完走する事が出来ました。



何か映像を撮ろうと思っていたのですが、姉の姿を探すのに必死でとても写真を撮っている余裕がなく。。^^;


f0233876_20474074.jpg


事前に送ってくれた姉のウエアの写真を載せます。



  おねえちゃん。


  完走おめでとう!!


[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-03-09 20:51 | イベント | Trackback | Comments(2)

ねこの写真展

チケットをもらったので、暇だし。。という軽い気持ちで日曜日に行ってきました。

オープン後30分という、人が行きやすい時間帯に行ってしまったからか、7F展示会場のところ5Fの階段まで列が伸びて入場を待機させられる事に。
まぁ。。20分も待っていなかったかな。タブレットで時間つぶしもしてたし。
それでも私は見るつもりで行っていたから我慢できるけれど、付き合わされている人とか、そもそもこうやって並ぶのが嫌な人にとってはイライラが募る状況。。
過去に、こういう事態で険悪なムードになった事はいくらでもあるなぁって思いだした。
昔は待てない人の自制心のなさにあきれたものだけれど、今だったら状況を見て、相手がダメそうだったら即退去。。だろうな。この事で険悪になる方が嫌だと思うし。。
そんなに執着するほどのものでもないし。


でも、今日見た。。恐らく付き合わされているであろう男性たちはすごく出来た人たちばかりで感心した。

「しょうがないさ。。特に時間に追われている状況じゃないし、駐車料金¥1,000くらい余分に払うくらいの事でしょう」なんて、冷静に言っているおじさま。。すばらしい。。うちの父にその耳の垢でも煎じてやっていただきたい。私の周りにはこんな奇特な人は見当たらないわ。。

家族で来ているうちのお父様。私と同年。。いや下?と言う感じだったけれど、みんな娘の為?ちっとも進まない列にいらつく事もなく素直に進む速度にしたがっていた。時々見えない小さな娘さんを抱き上げて見えるようにしてあげたり。。家族サービスってやつ?

うちの職場でも、上司はみんなある程度管理職としての研修を受けているからかもしれないけれど、今までお世話になった上司はみなさん、どんな状況でも落ち着いて、真摯に人の話に耳を傾けてくださいます、それがたとえ私みたいなスタッフの人間でも。

うちの父は従来、自分勝手で人の気持ちをわかろうとすることがない人なので。。
これはもう変わることはないので、そういうものとして接していますけど。


猫の写真を見に行って、人間ウォッチング。。も、してしまった^^ゞ


f0233876_21545538.jpg

[PR]
by pure_white_yuki27 | 2015-01-19 21:55 | イベント | Trackback | Comments(6)